Message for Bangladesh from Japan バングラデシュから日本の被災地へメッセージ(2)

I'm Japanese. After the earthquake of March 11, I went to Bangladesh. And, know that Japan has been so loved in Bangladesh. I wanted to convey the feelings of when I saw this message, I made this slideshow. 3月11日の東日本大震災の後、3月18日にバングラデシュに行きました。そこで、日本のことを心配してくれているたくさんの人に出会った。大人だけでなく子供も日本のことをよく知っ­ていて、すごい心配してくれていた。そのとき、学校の生徒に書いてもらったメッセージを簡単なスライドショーにしました。 一緒にバングラデシュに行った仲間が歌も作ってくれました。 Fellow went to Bangladesh together have made ​​us a song. ーーーーーーーーーー ヒトが生きる街 Town people to live 鼻に残る街の匂い 覆い被さる人の波 Waves of people hunched over smell of the city remain in the nose 彼等はただ毎日を必死で生きている They are just living every day is a desperate こんなに離れてるのに 近くに感じれるのには To feel close to being away so that is 僕等がきっと同じ人間だからでしょうか。 Is it because the same person, I'm sure. 幸せのカタチなんてもんは、 Form of happiness そりゃもう歪なもんで。 Is distorted. ねぇ。どれが一番いいかなんて Hey. What is the best one それは誰にも決められない。 It can not be determined by anyone. 今急ぐ未来を The future now hurry それが仮に無駄であろうとも Even if you are a waste it would be ただ掴みに行くしかない Just have to go to grab だってそうでしょう、止まれないでしょう。 It will, because you will not stop. ーーーーーーーーーーーーー My Blog http://blog.ramen4423.info/archives/156 Travel Book http://bangladesh.travel-book.info/